ブログトップ

Oi!

sabakame.exblog.jp

カテゴリ:キモノ( 3 )

夏のキモノ

すっかり着物、着ていないなぁ・・・

昨日の夜、とあるトーク番組で、
若手女優さんが着物を着て出演していて、
コーディネートを見て、かなり違和感を持ったのは私だけ?
途中から見たので、本人のコーディネートなのか、
スタイリストさんのコーディネートか分からないが、
あの組み合わせは如何なものか???
と、たまにしか着ない私でさえ思った。笑

と言うのも、多分あれは小紋だと思われる着物
(ま、洋服で言うなら普段着に近い感じ)に
刺繍の入った半襟に赤い重ね襟・・・
この襟の組み合わせはとってもお出かけシーンでの組み合わせ。
着物で言うなら振袖がピッタリなのになぁ。
帯は帯でカジュアルな八寸帯に見えた。
なのに帯締めが金銀ゴージャス♪笑
そして絞りの帯揚げ。七五三の時のあの帯揚げにも見えた・・・
もし、プロのスタイリストさんのコーディネートだったら、
女優さんが気の毒だ・・・涙

私なら、あっさりチェックとか格子の綿麻の着物で
差し色入れちゃうとか、
もしくは着物は現代の一重で、小物はアンティーク物を
持ってくるとかするのになぁ・・・

と思いながら、そう言えば夏の着物、あったなぁ・・・
でも、普通の着物でさえ、ここ数年着ていないのに、
夏の着物ってかなりハードル高い。

持っていると言っても、2着しかないんだけどね。
こちらはアンティークの。
アンティークと言っても昭和のものでしょうね。
買ってから、ずーっとタンスに眠ったままだったせいか、
若干シミが出来始めて来ている。
昔の着物にしてはまぁまぁサイズは大きいほうだと思った。
(と言っても、私の身長からすると小さいけど)
涼しそうな着物なんだけどなぁ・・・
b0177323_159781.jpg


帯もアンティークの夏物を1つ持っているのだけど、
これまたずーっと仕舞いっぱなしだったので、
シミシミシミ・・・発生していた・・・
お太鼓部分には無さそうだけど、
じわじわいろんなところに発生中。
虫食いとかは無いんだけどね・・・
夏椿の柄かな?
b0177323_15132796.jpg


こちらは現代の一重の着物。
夏でもいけるらしい。
大阪の着物屋さん「居内商店」で大昔に買ったもの。
プレタ(既製)の着物なので、私のサイズにほぼピッタリ。
素材は芭蕉布が多少と麻だっけかな?
まぁ、涼しげな普段着るのにピッタリな着物。
(タンスに仕舞った時、変な折クセが付いてしまった!)
b0177323_15263078.jpg


ご覧のとおり、仕付け糸が付いたまま・・・
沖縄の帯とか、更紗の帯とか合わせたいなぁ。
って、いったい何時になったら着るのやら。
b0177323_15324451.jpg


着物引き出しの中にはこの匂い袋が私の定番アイテム。
松栄堂の「誰が袖(みやこ)」
匂い袋だけど、防虫香としても効果があるとか。
甘めの香りに癒される~♪
b0177323_1537412.jpg


麻の足袋とか持っているのになぁ。
着ないともったいないね。
でも帯の巻き方とか忘れかけているかも・・・汗
[PR]
by saba5538 | 2014-06-17 15:42 | キモノ | Comments(0)

久々に虫干し

この前は「庭仕事」カテゴリーネタでしたが、
今回は、「キモノ」カテゴリーネタです。
カテゴリー強化月間か?笑

キモノカテゴリーと作っておきながら、
過去の日記を見てみたら、一回しか書いていない事が判明。
じゃ、天気もいいし、久々に虫干しでもして、
着物ネタと、行きますか!

ここ最近は、めっきり着物、着ていないなぁ。
でも、寒くなると無性に着たくなるから不思議。
年に数回しか着ないけど、着方も忘れていないから
これまた不思議。笑

しかしまぁ、私、羽織好きだなぁ・・・
しかもアンティークの羽織が多いです。
久々に見る羽織も・・・あぁこんな羽織もあったんだ・・・って

これは大昔に原宿の「くるり」で買ったアンティークの羽織。
ショッキングピンクにバラの模様と、羽裏の格子柄がお気に入り。
ここまで派手なんだけど、羽織ってみると意外としっくり。
もちろん、中身の着物はシンプルに。
b0177323_2394718.jpg


お次もアンティークの羽織。絞りだね。
どこで買ったか忘れちゃった。
これは買ったけど、一度も着てなく、ずっとタンスで眠ったまま。
袖にちょっとシミがあって、クリーニングに出そう、出そう・・・
と、今日に至ります。笑。
b0177323_23131325.jpg


こちらもアンティーク。これはオークションで入手。
これもあんまり登場していないなぁ・・・
状態はとてもいいのにね。笑
b0177323_23172848.jpg


これもオークションで入手。
アンティークの割りにサイズが大きめなのが珍しい。
いつもアンティークで泣かされるのが、裄丈(袖の長さ)
肩幅と腕が長めな私には、アンティークの着物の袖丈は
大体が七部袖。なのに、この羽織は8部丈くらい。
あんまり変わらない?笑。
b0177323_2323371.jpg


こちらもオークション。
ちょっと昔の羽織。でもお気に入り。
こういう感じも大好き。何となく民藝ぽくて。
全部絞りです。
b0177323_23381825.jpg


こちらは道行。後ろからパシャリ。
これも絞り。私、絞りに弱いなぁ・・・
これもオークション。
b0177323_23401778.jpg


ヘビロテな帯2本。共にアンティーク。
左は世田谷ボロ市で¥1000くらい。
右はオークションで同じく¥1000くらい。
b0177323_23422158.jpg


お気に入りだけど、タンスに眠ったままの帯2本。
左は紬。大胆な模様が可愛い。
右はジャワ更紗の帯。この手の帯も大好き♪
b0177323_23442479.jpg


履物は、浅草の履物問屋「長谷川商店」で仕入れたもの
ばかりだな・・・着物好きの方ならご存知の問屋さん。
パラダイスです♪笑

左は駒下駄に別珍の鼻緒。いろんな色の別珍の鼻緒から
チョイスしたのがこのベージュ。そしてポイントでツボ(真ん中)
は赤にしました。
右は草履。鼻緒はリバティの生地を持参して作ってもらいました。
買ってからだいぶ経っているけど、なかなか履いていないので、
ピカピカ度が違うなぁ・・・笑
b0177323_23535997.jpg


左は畳表右近下駄。台は鎌倉彫なんです。
鼻緒はトンボ柄。問屋の女将さんチョイスです。
とても履きやすくて歩きやすく、これを履いて
あっちこっち行きました。
右は草履と同じくリバティ生地で鼻緒を作ってもらった
黒塗の千両下駄。
b0177323_081742.jpg


あ~長谷川商店さんに久々に行きたいなー!
今度はこの3つのどれかで鼻緒をオーダー
しようかな?
黒2種はリバティで茶はUSAコットン。
b0177323_0235280.jpg


私の中で、「あ~この人のキモノコーディネート好き!」
と言う人は、大橋歩さん・高田喜佐さん・白州正子さん
この3人かな。大橋さんと高田さんはよく着物雑誌に
お二人で登場していましたね。懐かしいなぁ。
白州さんは、縞や格子柄のチョイスが私好みだった。

久々に着物、着よう。笑
[PR]
by saba5538 | 2011-01-08 00:29 | キモノ | Comments(4)

久々にキモノ。

昨日は成人式でしたね。
私の頃は15日でした・・・遠い目(笑)

成人式の思い出と言えば、
朝4時に起きで、寝ぼけた状態で、タクシーに乗って、
日本橋の高島屋に行って、髪をセット(日本髪)してもらって、
キモノを着付けしてもらって、流れ作業で写真を撮った
記憶がとても濃くて、とにかくハードスケジュールな
記憶しか残っていませんね・・・(笑)

そんな成人式のニュースを見ていたら、
久々にキモノが着たくなったので、1年ぶり以上に
着てみました。しかも、当日、思いつきで。
だいたい、前日にコーディネートしておくんですけどね。

久々に着てみると、帯の巻き方が怪しいなぁ・・・(笑)
ま、どうにかこうにか着れまして、
コーディネートは、結局、定番のコーディネートです。

足元は、浅草「めうがや」で買った別珍のエンジ色の足袋に
同じく浅草にある草履問屋「長谷川商店」で買った桐下駄。
「めうがや」と書いて「みょうがや」と読みますのでご注意を。
冬はやっぱり別珍の足袋が一番だな~♪
草履問屋の「長谷川商店」もキモノ好きにはたまらないお店です。
問屋さんだけど、小売もしてくれます。あ~また下駄が欲しいなぁ。
b0177323_23212093.jpg


キモノは、ネットで買ったプレタの紬の小紋。
羽織はオークションで買った男物のウール混。
田端の「福助堂」で買った縮緬のハギレを半襟に。
こちらのお店10cm単位で販売してくれるので、半襟にピッタリです。
絞りの帯はオークションで¥1000!もちろんアンティーク。
帯締めはリサイクル屋さんで発見。こちらもアンティーク。
いつもの定番コーディネートなんです。
b0177323_23313634.jpg


首にはぐるぐると、メキシコ製のビビッドなピンク色のマフラーを
巻きました。キモノと羽織が地味色なので、小物は派手色なのです。(笑)
b0177323_23363978.jpg


今回のカバンは、カゴにしてみました。
このカゴは大きめなので、とても便利。
人形町にある「ながもち屋」のセールで¥1000で発掘!(笑)
新古品です。たぶん、新品で買ったらゼロがもう1個付くかも?
b0177323_23401618.jpg


キモノを着た日は、家では割烹着をずっと着ています。
何でもすぐこぼす私なので、汚れ防止対策です。
水天宮の近くにある、建物がステキな仕立てシャツ屋の
永楽屋」のウィンドウに、キモノ用割烹着が飾られてあって、
しかもワイシャツ用の生地を使って作ってあります。
白い割烹着より、何だかオシャレーな感じで、少々お値段張りましたが、
今では、キモノを着たときの必須アイテムです。
(こちらのお店、店内もとにかくステキー!)
b0177323_23494468.jpg


キモノは、何かと「高い」イメージがありますが、
私のコーディネートは・・・
ね、まぁ買えない事もないなぁ、でしょ?
キモノなんて、既製品なので¥29,800ですよ。
羽織ときたら、確か¥4000くらい。
あとは、着付けができるか、どうか、ですね。
私は4ヶ月間という短期間の着付け教室で覚えました。
たまにしか着ないけど、どうにか着れるもんです。

着れたら、お次はコーディネート。
ついつい、あれもこれも可愛い柄物に走りたいのは
分かりますが、ちょっとまったー!
雑誌の中のモデルさんとは違いますので、
あまり弾け過ぎないようにポイントでコーディネートすると
失敗しないかと思います。
ここ最近、ヤングな女子のキモノ姿を見て、つくづく思いました・・・(笑)
[PR]
by saba5538 | 2010-01-12 00:00 | キモノ | Comments(4)