ブログトップ

Oi!

sabakame.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

魔法のソース

肉がどんどん食べられる魔法のソースを作りました。
ってなんだか怪しいキャッチコピー。笑

まぁ、確かにそうなんですよ。
このソースはブラジル料理屋さんでは定番ソースで、
特にシュハスコでは外せないソース。
名前はモーリョ(molho)または
モーリョ・ヂ・ヴィナグレッチ(molho de vinagrete)が一般的かな。
ヴィナグレッチが酢なので、あっさーり~ソースなのです。
サラダ感覚でお肉がムシャムシャ食べられます。

材料は、まぁ、人によってそれぞれらしいですけど、
主だった材料はこんな感じです。
玉ねぎ(たまたま紫玉ねぎがあったので・・・普通の玉ねぎでOKです。)
トマト・ピーマン!とりあえず今回はこの3つで作ってみました。
人によってはキュウリやパプリカやニンニクを入れるバージョンも
あるみたいです。
b0177323_1611738.jpg


調味料は、左から・・・
コショウ・塩・白ワインビネガー・EVオリーブオイル
b0177323_1624636.jpg


野菜をざっくりみじん切りにして、調味料をお好みの味に混ぜ混ぜ・・・
しばし冷蔵庫で寝かせたら完成ー!
本当なら一晩くらい寝かせるといいらしいが、今回は2~3時間。
それでも十分美味しかったー。若干水が出るので、食べる前に
もう一度味見をして塩の調節をするといいです。
b0177323_1663544.jpg


ユニオンで格安で巨大なオーストラリア牛のステーキ肉を購入。
カットして、塩コショウにニンニクたっぷりでジュウジュウとソテー。
b0177323_1675621.jpg


焼きあがったら、モーリョをたっぷりつけていただきまーす♪
普通のステーキソースだと重すぎて、すぐにお腹いっぱいになるけど
モーリョがあるとキケンだわー。笑
b0177323_16101198.jpg


このモーリョ、お肉だけじゃなくても
いろいろ相性良さそうです。
例えば、お魚のソテーに添えても合いそうだし、
白身魚のお刺身にかけたらカルパッチョになりそう♪
普通の冷やしトマトにかけてもドレッシングとしても美味しそう♪
こりゃ、しばらく私の中で流行るな。笑
[PR]
by saba5538 | 2011-07-28 16:15 | 食べ物 | Comments(2)

ロマンスカーに乗って・・・♪

そう言えばこの前、
一っ風呂入りに箱根へ行ってきました。

今回はロマンスカー♪
ここ最近、お気に入りかも。
何だか、「旅したー!」って気分に浸れるから。笑

特に今回乗った車両が味があって良かったんです。
「ベテラン」な風格漂っているでしょ?
b0177323_2113165.jpg



今回は一泊してきました。
宿は、またもや塔ノ沢の「環翠楼
連休前に泊まったので、比較的すんなり予約が取れて、
しかもはじめは山側の部屋しか空いなかったのに、
行ってみたら、眺めのいい渓流側に変えてくれてました。嬉しいね。
玄関の軒先はすっかり夏のしつらえです。風鈴がいいですねー。
b0177323_21194441.jpg


何だかこちらのお宿は、私には和むんですよね。
歴史もあって、老舗のお宿なんですけど、肩肘張らなくていいんです。
よくある「風格あるお宿」「高級旅館」みたいなところは、
かえって私には疲れてちゃう。

ちょうど着いた時間が、夕食の仕度の時間でした。
廊下では、仲居さんや番頭さんがせっせと仕度をしていました。
でも、部屋数が少ないので、ほぼ殆ど他のお客さんとすれ違いません。
ピカピカの廊下に可愛いガラス窓。
今となっては貴重な日本製の色ガラスです。
b0177323_2125468.jpg


今回の部屋は、3Fの「槙の間」でした。
こじんまりしたお部屋でしたが、こじんまりした中にも、
これが落ち着けるんです♪笑。
小さな居間的な部屋「次の間」とでも言うんでしょうか?
テーブルに椅子が置いてある2畳くらいのスペースのところが
くつろげる、くつろげる。笑写真・右上がその場所です。
ちなみに左上が待合室。こちらもステキなお部屋です。
下2枚の写真は4Fの写真。大広間がある関係で、
水場がたくさんあって、これまた探検心をくすぐるフロアーなのです。
b0177323_21394448.jpg


部屋からみた風景が、写真左上。美しい景色です。
写真右上が、4Fへの階段。この階段を上がると楽しい大広間。
右下側のステンドグラスは家族風呂のところにあります。
スワンがロマンチック。左下の写真の左側にスワンステンドグラスが
あります。突き当たり左奥が家族風呂。
私たちの部屋はちょうどこの真上になります。
b0177323_2143988.jpg


環翠楼とくれば、やっぱりこのコーナーは外せないでしょう。
「バー・マンガ」と洗面所と大正時代のお風呂!
前回来た時は「バー・マンガ」に行ったけど、
今回はやっていなかった様子。
タイルが可愛い、前面所は相変わらず可愛い。
大正時代のお風呂は、私が入ろうとしたら、
内側から鍵がかかっていたのか、入れずじまい・・・ガックシ。
誰ですかー!鍵を閉めたのはー!笑
右下の写真は売店。応接間の隣にあります。これまた可愛いでしょ?
b0177323_21492597.jpg


露天もございます。
今の季節だったら緑に囲まれてとてもキレイです。
離れにあるので、散歩がてら良いです。
朝日を浴びながら入る温泉。最高ですね。
日に焼ける?気にしていたら入れない。笑
露天の裏には渓流沿いの散策路へと続いています。
苔むした道と朝日がこれまたいい感じ。
b0177323_21535616.jpg


環翠楼の温泉や建物や雰囲気ももちろんいいけれど、
お食事も美味しいんです。特に「ご飯」!
何でしょね?お水が美味しいから?
お米が美味しいから?炊く人が上手だから?
たぶん全部がそろっているんでしょうね。とにかく美味しいんです。
朝ごはんは毎回、お櫃を空っぽにします。笑
b0177323_21585187.jpg


今度は秋か冬に行きたいです。
息が白くなってきた頃に。
「う~寒いっ」って言いながら「温泉♪温泉♪」って入るの。
そして冬ならではのお料理を頂く。
そして、懲りずに環翠楼を探検する・・・笑

帰りに「ちもと」に寄り道。
環翠楼のお茶菓子は、ここ「ちもと」のわらび餅が供されます。
環翠楼でも予め仲居さんに「お土産用のわらび餅が欲しいです。」
と伝えておけば、チェックアウトに間に合うように用意してくれます。
いつも「ちもと」では湯もちを買って帰ります。今回は草団子も購入。
そう言えば、いつの間にかカフェスペースが隣にできている!
茶のちもと」と言うらしい。しかもオープンして1年経っていたとは。
お茶したかったけど、朝ごはんでお櫃を空っぽにした私たち・・・
まだまだお茶を飲む余裕がありませんでした。また今度ね。
b0177323_22124833.jpg


途中にあるこけし専門店のウィンドウに飾られている
こけしちゃんたちがどれも可愛いく、いつもチラ見。笑
どのコもみんなモダン。お店の方に以前伺ったところ、
どれもみんなかなり昔の作品で、もちろん非売品・・・
店内には現代作家さんたちによるこけしちゃんたちが
販売されておりますが、こういったこけしちゃんは残念ながら
いないのです。伝統的なこけしも好きだけど、現代こけしも
好きです。でも、お土産のとは違うんだなー、これが。笑
b0177323_22194138.jpg


帰りも、もちろんロマンスカー♪
でも小田原で乗り換えなのであっという間なんだけど・・・
b0177323_22312884.jpg


箱根は近くていいわ~
[PR]
by saba5538 | 2011-07-24 22:33 | 旅行 | Comments(2)

永井さんのお下がり

夏ーっ!真っ盛りのお天気ですね。
三連休、いかがお過ごしですか?
お仕事のみなさん、お疲れ様です。
みなさん、熱中症にはくれぐれご注意を、ですね。

さて、私は今さっき葉山から帰ってきました。
と言うもの、TVで葉山コロッケをやっていて、
ダンナが食べたくなって、買いに行ったのですが、
そう言えば、永井さんの古本屋さん「一色海岸書店」が
明日で閉店しちゃうんだ!と思い出し、コロッケを買って、
急遽「一色海岸書店」へ行ってきたのです。

場所は御用邸のちょっと裏手、土地勘のある方ならすぐ分かります。
ステキな一軒家でした。
写真を撮りたかったのに、カメラもi Phoneもすっかり忘れたので、
なーんにも撮れませんでした・・・がっくし。

本当に普通のお家で、玄関で靴を脱いで、「おじゃましまーす」と言って
スリッパ履いて、目の前には楽しそうないろんな本たち。
しかも明日で閉店なので、大半がセールになっていました。

私のお目当てはオリジナルのバッグ。
1つ¥1500です。でも残り僅かです。
ディスプレイのバッグをよくよく見ていたら、
何だか形が2種類あるような・・・?
お店の方に伺ったら、一度水に通してあるので、多少形が違っています…
とは言っていましたが、これだけははっきり長方形でした。
なので、気になった長方形のバッグを購入。
オマケ付きと書いてあったので、なんだろうな?と思っていたら…
b0177323_17224694.jpg


バッグの中に入っていた本をそのままオマケとして頂きました。
私はてっきり、中の本はディスプレイ用の「あんこ」(詰め物)なんだろうな、
と思っていたのですが、「こちら、オマケです。」と言われた時には
ビックリ!でした。笑
太っ腹すぎですよ。永井さんもビックリしていますよ。
(おいおいって突っ込みいれてそう。)
b0177323_17272839.jpg


映画のパンフレットも買いました。
たくさんあってかなーり迷います。直感で購入。笑
1冊¥200ナリ
b0177323_17304399.jpg


こちらの本はダンナ購入。
こういうの大好きなんですよねー。
SFとかUFOとかそういうタイトルものに弱いんです。笑
かなりずっしり立派な本です。
b0177323_1733042.jpg


家に戻って、ページをぱらぱら捲っていたら、
何と!サイン入りでした。しかも永井さん宛てのサイン。
これは本当に大事に大事にしないとね。
(他の本もね、って永井さん言っていそう。笑)
b0177323_17355049.jpg


「一色海岸書店」は明日7/18までです。
葉山方面へ行かれる方はぜひぜひ…
[PR]
by saba5538 | 2011-07-17 17:48 | 散歩・食べ物・おやつ・雑貨 | Comments(0)

夏の常備飲み物

あっついですねー!

いつの間にか蝉が鳴き始めています。
そうですよね、もう7月だもんね。

でもね、意外と私の住んでいる鎌倉(山側)って
朝晩の空気は涼しいんですよ~♪
もともとクーラーは使わない派なのですが、
扇風機すらまだ、部屋によっては使っていないなー。
窓を全開すれば風が通り抜けてくれるから
涼しいのです。エコだわ~。笑

暑くなると喉が渇きます。
我が家の冷蔵庫にだいたい入っている飲み物はと言えば・・・
ここ最近は水出しのマテ茶が流行っています。

用意するのは、まずはボトル。
まぁ、よく見るタイプですね。このシリーズ大好きです。
b0177323_10241027.jpg


お次にマテ茶。
500gも入っているんですよー。なのにお安いっ!
ドイスで以前買いました。今はディモンシュで販売中でーす。
買ったマテ茶はお茶缶などに小分けして収納するのがお勧めです。
それでも残ったら、ジップ付きの袋に乾燥剤と一緒にしまって
おきましょう。
ちなみに写真の缶たちは、左は以前「紀ノ国屋」の珈琲売り場で
見つけたコーヒー豆を入れる缶。右は中川ワニコーヒーの缶だけど、
裏にはドイスの名前入り。ダブルネームってやつですね。笑
こちらはディモンシュで販売しておりまーす。
b0177323_10312544.jpg


よくあるお茶パックにマテ茶を入れます。
量はいつも適当ですが、大体パックの半分よりちょっと少なめ。
b0177323_10333340.jpg


これを先ほどのポットにポイっと投入して、
お水もジャーっといれたら冷蔵庫へGO!
寝る前に作ったら、翌朝には美味しい冷えたマテ茶の出来上がりー。
飲む野菜とまで言われていますからねー。食物繊維もりもりです。
また利尿作用抜群なので、「石ころ持ち」私にとっては
まさにピッタリな飲み物なのでーす。
味は日本人の口にあっていると思います。
ホットだと、ライムを搾ってお砂糖で甘くして飲むとこれまた美味。
アイスでも同じくしてもいいかも。私はストレートをがぶ飲みですけど…笑
b0177323_10395583.jpg


今年の夏、もう1つ夏の常備飲み物にランクインしたのが、
コチラっ!!!
ディモンシュオリジナールのアイスコーヒー
その名も「アイスパグコーヒー」♪
ラベルのワンコロちゃんのイラストがいいでしょ♪
(ミサワが丹精こめて貼っています。ウソ笑)
Cさんオリジナールのイラスト。ゆる~い感じがなんともいい感じ。笑
2パターンあって座っているバージョンもあります。
このアイスコーヒー美味いっすよー。笑
お砂糖は入っていないので、飲む時にお好みの甘さにして
いろんなバリエーションで飲むことが出来ます。
例えば、バニラのアイスとか入れちゃってアイスフロートとか
美味しそう~~~。
こちらもディモで絶賛発売中!新しい鎌倉土産になるかも!?笑
学芸大にあるろみさんの焼き菓子のお店でも18日まで「鎌倉まつり」
を開催していて、そちらでも販売中ー♪
開封しなければ日持ちもするので、こりゃいいですよー。
b0177323_10525799.jpg


暑い夏には美味しい飲み物をぐびぐび飲みましょー!
[PR]
by saba5538 | 2011-07-16 10:58 | 食べ物 | Comments(0)

サバからのおすそ分け

この前作っていた針山たちが完成して、
ささやかながら裁縫セットが出来上がり、
さて、どのルートで送ろうかな?と考えていたところに、
何ともいいタイミングで、お友達のあいさんから
「裁縫セットの送り先、決まっていないなら、ぜひとも!」
と、なんともありがたいメールが届き、
ならば、裁縫セットだけじゃ隙間もあるし、
お家の中の在庫確認をしたところ、使っていないタオル類や、
マイバッグ類がたくさんあったので、一緒に送ることにしました。

あいさんは、元々は浜っ子ですが、ご主人の転勤で今は盛岡在住。
地震でご本人も大変な思いをされたのに、今ではボランティア活動を
積極的に行っております。まったく頭が下がる思いです。

さてさて、使っていないマイバッグ類がけっこうたくさんあるんですよ。
眠ったままではもったいない!こういうバッグって意外と使えると思って、
今回一緒に送りました。
布のバッグは洗濯してから。シワシワになっちゃったけど、
少しでも使う方の気分が良いように。
b0177323_2359556.jpg


裁縫セットはこんな感じになりました。
全部で10セット。この隙間にバスタオルやハンドタオルや
マイバッグを詰めて、詰めて、詰めて・・・
b0177323_004719.jpg


最後に大きなマイバッグでふたをしたら完成!
あとはチェックリストも一緒に入れてガムテでがっちり留めて、
箱の側面には「水濡れ厳禁!」としつこいくらいに書いて。笑
b0177323_03335.jpg


まだまだ避難所で生活されている方がたくさんいます。
東北と言っても夏です。最高気温が35度という日も多いです。
避難所にはクーラーは無いし、扇風機だってほんのわずか。
もちろん網戸だってありません。
昼間は窓を開けていられるけど、夜ともなれば虫の侵入を防ぐために
窓を閉め切って寝るしかありません。
想像してください、蒸し暑い夜に締め切った部屋で寝る辛さ。

日本サッシ協会とかそういう団体や、
ちょっとお金を持っているそこのあなた!
せめて、避難所に網戸を設置していただけないでしょうかね?
窓を開けるだけでだいぶ違いますよ。

みんな、ちょっとここ最近、
現実逃避していないかしら・・・?
まだまだフォロープリーズ!
[PR]
by saba5538 | 2011-07-12 00:16 | 手作り | Comments(4)